不快感が拭えないなら小陰唇の縮小手術を検討しよう

婦人

手術内容と手術のメリット

ヒップ

費用と手術の流れ

小陰唇縮小手術をすれば、小陰唇の大きさや色を改善できます。手術費用はクリニックごとに違いますが、安いと10万円、高いと40万円程です。単純に切開して縫合するだけの小陰唇縮小手術だと、手術費用が安くなります。しかし、形が自然になるように切開したり、腫れない麻酔をしたり、回復が早いように縫合する手術になると、単純切開よりも高くなります。手術をしたあとしばらくは腫れや痛みが出ます。痛みは鎮痛剤を飲めば収まります。個人差がありますが、患部の腫れは術後1週間くらいがピークです。ほとんどの場合、2週間くらい経過すれば収まります。しかし、入浴、サウナ、岩盤浴、運動など血行が良くなる行為をすると腫れが長引くので注意が必要です。

コンプレックスが解消する

女性の中には小陰唇にコンプレックスを持っている人もいます。小陰唇縮小手術は、多くの女性が受けているオーソドックスな女性器の整形です。手術はそれほど難易度が高くなく、女性器の美容外科クリニックならどこでもしています。また、もともと人目につかない部分なので、術後に多少腫れても気にならないです。小陰唇に自信がないことで恋人が作れない女性などは、小陰唇縮小手術をすれば自信がつきます。また、小陰唇が大きいとかぶれやすくなったり、下半身の臭いの元になることがあります。ひどいと日常生活の妨げになる場合もありますが、手術をすることで改善します。最近は将来介護を受ける立場になることを考えて手術をする女性も増えています。

困る婦人

手軽に悩みと決別

女性に多くみられる小陰唇の大きさや黒ずみについての悩みで、小陰唇縮小手術を受ける方はたくさんいます。手術により自信が増し、不安が減ったりなど心理的な効果も得られるほか、臭いや尿の飛び散りを防げるなどの効果もあります。術後は清潔と安静を心がけ、術後のトラブルを減らしましょう。

ウーマン

一生に一度なので慎重に

小陰唇の大きさでお悩みの方は縮小手術を検討してみるのが良いでしょう。専門のクリニックはたくさんあるので、安心して任せられる所を慎重に選びましょう。確かな実績のある所がお勧めです。一般的な費用は20〜30万円程です。

お尻

女性に多い性器の悩み

デリケートな場所である小陰唇の悩みは人に相談しにくいということもあり、多くの女性が悩んでいます。小陰唇が露出しすぎることによって、擦れや痛みといった症状が出る恐れがありますが、小陰唇縮小手術で解消させることができます。しかし、手術を行なうにも注意が必要となるため、きちんと把握しておきましょう。

Related Links

  • 小陰唇を縮小するためのクリニックガイド

    名医を探すことができるので、小陰唇の縮小の申し込みをしたいと考えているならサイトを確認してみるといいでしょう。