不快感が拭えないなら小陰唇の縮小手術を検討しよう

ウーマン

女性に多い性器の悩み

お尻

違和感を感じたら

女性の中には自分の性器の形、特に小陰唇に悩みを持つ人は少なくありません。デリケートな場所ですし、誰かに相談したりしにくいので不安に思うのは十分に理解できます。自然に立った状態でもある程度、小陰唇が露出している常態でも成人女性なら珍しいことではありません。しかしあまりに露出している部分が大きいと下着が挟まったり、擦れたりして痛みを感じることがあります。汚れも溜まりやすいので臭いやかゆみの原因になる可能性があり、あまり良い状態とは言えません。解決するには手術で小陰唇を切除し、縮小させるしか方法はありません。こういった小陰唇縮小手術は国内でも一般的に実施されており、相談も含めると依頼案件は年間数千件に上ると言われています。

手術は一回きりです

小陰唇縮小手術を行う上で最も気をつけなければいけないことは、術後の感染リスクです。手術の大まかな流れは麻酔で眠っている間にメスで患部を切除し、縫合して完了となります。小陰唇付近は特に汚れが溜まりやすいため、常に清潔にしておく必要があります。入浴時に泡立てたボディーソープで軽くなぞるだけでも効果があるので毎日実行すると良いでしょう。なお、費用の相場は20万円〜30万円程度です。一度手術を受けて縮小した小陰唇が再び肥大することはほとんどありません。黒ずみや臭いが気になる、下着が擦れて痛い、形が悪いので性交渉に自信が持てない、といった悩みをお持ちの方は検討する価値はあるでしょう。麻酔を使うので痛みはほとんどなく、たった一度の手術でそれらの悩みから一生解放されるのですから。